<< 栄養補給。 ひと区切り。 >>

ムツゴロウさん。

子供の頃。
社宅暮らしだったので、動物のいる生活に憧れていた。
                                               
小学3年生の7月。母が友人の家に生まれたスタンダードのダックスフンドを籠に隠して連れ帰ってきた。
そのこに ”ネボ” と名付け、学校からもそろばんからも、剣道のスポ少からも大急ぎで帰るくらいかわいがり、もう
“首ったけ”状態の日々を過ごしていた。

忘れもしない、あれは7月7日、七夕の夕方。
同じ社宅に住むみゆきちゃんと、太田川に笹を流しに行った帰り・・・。
凄まじい、腹痛にしゃがみこんだ。

・・・・・私は虫垂炎になり入院。

母は、”こっそりと社宅飼い”を断念。ネボは、新しい飼い主さんの所に行ってしまった・・・。
私はその知らせを聞き、病院のベッドで号泣。・・・切ない思い出。


その後、テレビでの「ムツゴロウの動物王国」を観て、ムツゴロウの動物王国に就職することを目標にする日々が半年ほど続いた。


                        
b0156928_14223865.jpg



そんなことを思い出しつつ、先日古本屋で見つけたこの一冊。
[PR]
by k-toukiten | 2009-06-09 15:06 | life
<< 栄養補給。 ひと区切り。 >>